ハッチsunのブログ

Big smile please!

新発想のキーボードカバーへの所感R6

※本ページには、プロモーションが含まれています※

☆ランキング参加中☆

にほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

f:id:htn8hatch:20240621133034j:image

ライフスタイル - ブログ村ハッシュタグ
#ライフスタイル

 

 むかし、むかーし、ある所で購入したノートPCのキーボードカバーが、確か4,000円を越えていて高い!という印象しかなかった。ところが、ネットサーフィン(もしかして、死語?)の途中で偶然見つけた、この商品は¥2387と安く感じたので、ポチり(もしかして、これも死語?大丈夫?)したのでしたー。

前回シリーズリンク

hatch51.com

 

 所感ということで、個人的な評価を記していきたい。その前に、このキーワード的な扱いの「新発想」という言葉だが、具体的には3つの大きな柱があるようだ。①自己粘着性を持った交換色の素材によるズレにくさ。②方眼入りの台紙にシートを合わせることで、各々のPCキーボードの大きさに簡単カット可。③②に関連して、PCキーボード以外にTV等リモコン、電卓、電話FAX機にも活用可。

 

 鬼滅の刃じゃないよw)、一つずつについて書いていく。については、さらに細かい説明が付いていた。それは、「優れた弾力性」と「表面はサラッと、裏面はピタッと」である。

前回リンク

hatch51.com

 

 前者は実際、モノを引っ張ってみたが、いい感じだ。強く引っ張っても簡単に破れたり、伸び切ってしまったりはしない。元の形状に戻りやすい弾力度は高いと言える。この性能をもとに、キーボード上に設置する際に、片方を抑えつつ、もう片方を引っ張りながら、シワにならないように!と注意書きがあるのだが、その工程にあまり意味を感じない。ただ、丈夫な素材ってだけだ。

 

 後者の 「表面はサラッと、裏面はピタッと」であるが、確かに表面はサラッとしていて心地よいが、裏面のピタッとは、、、、正直感じられない。キーボードから上に少し浮いた感は否めないし、端をテープで数カ所固定しないと、設置した感じがでないくらい、全体的にキーボード面との接着性は感じない。(時間経過でよりよい接着が生まれることに淡い期待を持ちたい)

検索人気リンク

hatch51.com

 

 柱②について。まぁ、おっしゃる通り、簡単に大きさに合わせてカットはできる。が、スマホ画面保護シートほどの難しさはないが、スムーズに台紙から剥がせて、設置できたかと言うとそうでもない。「少し大きめにカットしてご使用ください」の注意書きに沿って行ったが、余裕をもった部分の余りが、見た目的にイマイチだ。①と関係して、ここまで接着性がないのなら、最初からのりしろ的にテープしろを設けてカットして、もっとしっかり、がっちり、テープでPC本体に貼り付けたのにーって思ってしまったよ。

 

 柱③については、キーボード以外にも貼れるとある。その通りだが、もともと、本製品の大きさが、390mm✖️270mmなので、キーボードカバーとして使うと、余りは端くれしか残らない。つまり、何を言いたいかというと、キーボードカバー以外のモノへの転用を謳うのであれば、この製品の大きさを2倍にして、余った部分を小さいもの、例えば、リモコン、電卓などに使えてお得に感じたよ〜って、消費者がグッドな商品レビューを残すように考慮すべきだったのではないだろうかーねー。それくらいのサービス精神があってこそ、「ピタッとシートsuper」のネーミングが生きてくる気がしたよー。

 

     

   

 

検索人気リンク

hatch51.com