ハッチsunのブログ

Big smile please!

鹿児島県知事選に思う20240707

※本ページには、プロモーションが含まれています※

☆ランキング参加中☆

にほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

f:id:htn8hatch:20240706223213j:image

ライフスタイル - ブログ村ハッシュタグ
#ライフスタイル

 投票日前日の19時前、県知事選、大票田の鹿児島市の繁華街である、天文館周辺を車で流して、気づいたことである。街で見かけた、選挙運動?誰を応援してる?一瞬わからない、候補者名を前面、全面的にしないやり方なんだろう、それのメリットは、色で、候補者を判別する感じを出して、カラーイメージ効果?を故意にねらっているのだろうか?!それ とも、同時進行された都知事選でも見られた、「一人街宣」の一種なのだろうか?

前回シリーズリンク

hatch51.com

 

 しおた現知事は青色のようだ。自分も無関心が強くて今日、気づいた。彼らの動きには組織力感じる、ライトブルーのポロシャツ軍団の動員で、「誠実」と書かれたのぼり旗を左手で持って右手を振る人たち、西千石町のしおた選挙事務所から程近い、高見馬場交差点で運動を展開していたよ。何分?何時間?やったのかはしらないが、19時きっかりに撤収、どこかに消えていった。きっと、選挙運動が許可されてる、残り1時間、近くのどこかに集合してお疲れさん会をするのだろう、自らの後援会の働きを労う余裕を感じるしおた現知事の勝ちだねと、前日段階でもう感じてしまった。

 

    一方、対立候補というくらいの立ち位置になっているのか疑問の米丸さんは、、、、

選挙カーから、緑基調の米丸さん?本人か?と思いきや、違ったぁ、マイクを持ち声を上げているのは、後援会のウグイス嬢の係だ。こなれた宣伝口調に耳に優しく響く声それ自体は評価高いだろう。でも、彼女らも、これまた名前を前面全面でなく「もっともっと、鹿児島をよくする会」の黄色い文字が大きく出てる、選挙街宣カーで動き回っていたよ。人の集まる所?を嗅ぎつけるというか、人出をみて、今、オンタイムで人口の多そうな所を探して行ったり来たりしてる感じだ。電車通りから中央署、おそらくは産業道路まで出ずに、天文館公園辺りを経由して、また電車通りに戻ってくる、しおた敵陣近くを意識してのコース設定だろう。

前回リンク

hatch51.com

 

    でも、僕には週末に飲食街に集おうとしてる、ある意味、生活に余裕感のある連中にちょっとだけ耳貸してよっていう消極的な選挙広報活動に思えた。昔はよく、「最後のお願いで参りました、〇〇〇〇、〇〇〇〇です。あなたの清き一票をぜひぜひ、わたしに投じてください」と、白手袋で一人一人に自ら近づき、握手して回る姿が選挙だと思っていたが、世の中が変わってしまったのだろうか?熱を感じない選挙戦だ。でも、米丸陣営は、街宣カーだけでなく、ライトグリーンのTシャツ着た、後援者の小集団が、天文館アーケード内で声上げて、動き回っていたのは間違いない。でも米丸さんはどこだ?目立たないなぁ。しかも、彼女の選挙ポスターは緑色を全く意識させないというか、むしろ青色だ。しおたさんと丸かぶりだ。カラーイメージ戦略が見えないなぁ。

 


 もう一人の候補者、てのくち里花さんは、これが普通だと思うが、ちゃんと名前を前面に出していた。候補者名の文字が緑色、白い業務用バンの選挙カーが屋根に背負う四角いというか直方体形の街宣看板のベース色は白地と薄い黄色、なので、米丸とのイメージカラーはダブり気味だ。ダブりがあるだけでも、マイナス要素だと思うし、戦略ミスを否めない。そもそも、現職知事に立ち向かう、女性の二人には、ぶがわるい。初の女性知事としての期待やら、政党の後ろ盾やら、絡み具合の関係も、対立という表現がしづらいくらい、票が割れてしまう原因になっていることと、素人の僕でさえ、容易に思いつく。せめて、選挙の過程のどこかで、協力とか折り合いとか、付けられなかったのだろうか、、、、無理かー。 

検索人気リンク

hatch51.com

 


 しかも、選挙戦研究家でもある、大学教授によると、今回の鹿児島県知事選挙は、論点が噛み合わないものになってしまっているので、盛り上がりにもかけるし、選挙後に何かしら新しいものを方向づけるパワーさえ生み出さないだろうとの、極めて残念な見立て。僕もこの大学の先生の話に納得した。 

検索人気リンク

hatch51.com

 


 つまりは、米丸さんの主張するサッカースタジアム?体育館?を含む大規模な公共工事桜島への眺望を塞ぐことへの懸念も、てのくちさんの主張する川内原発40歳越えの稼働認可ダメダメだめでしょの指摘も、しおた現知事の現実路線の中ですべて、ホワーンと受け止め?受け流されるだけになるだろうとのこと。何も変わらない鹿児島県政。何も見通せない。きっと、政治っていうのは、もっと別な視点で議論して未来に対して準備を進めていくべきなんだと思う。例えば、ちょっと前に衝撃ニュースとして出たやつ、『きっと、近いうちに、消滅する市町村が多数出てくる』っていう予測。話題は数年前までの限界集落ではない!今や消滅集落を危惧する時代になっているのに。なんで、衝撃的なことだからこそ、これを論点にできないのか、わざと論点にしないのか、いずれにしても、政治に携わる者たちの意識のレベルが低すぎる!嘆きしかない。でも、嘆きの中にあっても、ちゃんと僕は一票を行使しますよ!

 

  

  

 

検索人気リンク

hatch51.com