ハッチsunのブログ

Big smile please!

吉野家さんより頑張ってる〜ファミレスJoyfullのコラボ R5上半期

☆ランキング参加中☆

にほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村 芸能ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ
にほんブログ村

今週のお題「上半期ベスト◯◯」

 

コラボ企画2023年4月~6月まででしたぁ~また、やってください!


ライフスタイル - ブログ村ハッシュタグ

#ライフスタイル

 

 

 あっという間に2023年も半分終了して、「もう振り返ってみなよ」って言わんばかりの、このお題テーマ、上半期ベストを語る企画だね。僕は何と言っても、吉野家さんシリーズの本丸として、ファミレスのJoyfullを挙げるよ。

 1番の理由は、物価高時代にお安さ・お得さ提供がうれしいからだね。創業以来の「地域で一番安価」という目標を守り続けているのがいい!

吉野家さんリンク<スタート>

hatch51.com

 

 安いメニューでいうと、大盛りポテトフライ(360g)が一押しかな、なんと税込328円。ヘルシーさも加えたニ押しは、ほうれん草バター、税込218円。まぁ、とにかく、前菜、主食、サラダ、アルコール、デザート、カフェ、どれもこれも低廉におさえているよ。

 その低廉効果の具合は、夜21時過ぎに来店のお客さんを見ればわかるね。これまた、創業以来の「一番身近なレストラン」という目標も達成していると僕が考える所以だ。あえて、意図的に人間観察しなくても、普通に目に入ってくる光景だったね。

 

1年前リンク<2022年7月>

美容男子のマネ事1 - ハッチsunのブログ

 

 例えば、夜勤に向けての休憩時間で来店のタクシー運ちゃん。逆に朝からの継続から遅い時間帯までぶっ通して、やっと配り終えた風の宅配便のあんちゃん。誰か身近な人の病気への今後の対応をどうしようかと緊急的に集まった超高齢者家族3人。なんだか、訪れるお客さんたちの来店までの動きが容易に見て取れる、そんな感じの雰囲気だ。いろんな意味でJoyfullという場所に価格のやさしさを超えて、癒されるような優しさを求めに来ている気がする。

 

 2番は、このジョイフルという会社の成り立ちだ。先程の「一番身近な」にも関係するが、発祥、創業の地である大分を中心にして、足元をしっかりと大事に見ながらの姿勢がいいのかもしれない。それが証拠に、全654店舗中、330店が九州沖縄エリアだ。工場や配送センターも大分近辺から拡げていった経緯がある。また、社内でのワークライフバランスを早めに意識しての方針出しで、足元を固めた上で、東京のキッチンジロー、大阪のフレンドリーを子会社化したり、吸収合併したりしながら、全国展開も無理せずに進めてきている。

検索人気リンク

hatch51.com

 

 3番は、コラボでプラスアルファの企業努力をしているのがとてもいい。流行りのアニメ、『進撃の巨人』の選択がこれまたいいね。労せずして消費者が貰えるものとして、うれしいお役立ちグッズ、クリアファイルを出している。ありがちな発想かもしれないが、『進撃の巨人』ファンはもちろん、ファンでない層にもうれしいグッズだと思う。

 

 グッズ以上にアイディアのすごさを感じるのが、コラボメニューだった。「だった」と過去形で表記するのが真に残念に感じるくらい、面白いメニューとその命名センス。価格帯も低廉な企業イメージを崩さない、それでも充分に付加価値をのっけたことを反映したいギリギリのところで設定したんだろうという企業努力までを感じさせるところだ!

 

 「超大型巨人の高熱ハンバーグ」999円(税込1098円)。これ、『進撃の巨人』の巨人研究者の団員ハンジねたとのこと。「リヴァイの削ぎ切りローストビーフご飯プレート」969円(税込1065円)。これも、もちろんリヴァイねた。どんな肉も切り刻む彼の技のイメージから発想したからおもろい。「アルミンの調査兵団晩餐チキンバスケット」899円(税込988円)。友や家族とシェアする前提メニューってことで、友人思いのアルミンねたにかぶせたのだろう、心憎い演出だ。

 

 これらのメニューを食い損ねて、「しまったぁ」という、僕個人的な強い後悔も加わって、だ・か・ら、お願い~!(テレサテン調に)来年でもいいから、もう1回、全く同じ内容でも構わないから、進撃の巨人』コラボ、またやってください、Joyfull様~、4649!

前回リンク

hatch51.com