ハッチさんのブログ

Big smile please!

ハマったゲーム:スマホパズドラその 1

 

今週のお題 私がハマったゲームたち

 

 ハマっ「た」ゲームとして、パズドラを挙げる。過去形で書けることを喜ばしく思う。なぜなら、今思えば、半ばゲーム依存的な感じで、パズドラをやっていたからである。気づくとパズドラアプリを開けていた僕を、救い出してくれたのは、実は、はてなブログのブロガーとしての歩みなのである。

 まぁ、一説によると、パズドラアプリがはてなブログアプリに入れ替わっただけで、ブログ依存なる状態に陥ったのでは?という指摘もあろう。でも、ゲームよりブログの方が、同じハマるにしても、より健全だと言える。

 全ては、反省、後悔的な感情と仕方がなかったという、自己慰め的な気持ちが入り混じっていることである。そんな中で、パズドラについて、以下の2点において、振り返ってみたいと思う。①僕にとっての有害要素

②僕にとっての心理的依存要素

 まず今回は、①について。A 視力が悪くなった。これは、もともと強度近視の僕が長時間、やってしまうことでさらに、目の疲れが増し、視力が落ちた。しかも、スマホ老眼の問題が取り出されているが、僕の場合も当てはまる。年齢的老化からでなく、スマホ使用の悪影響がはっきり出ているのだ。あくまでも、僕の場合と断っておくが、類似のケースは多いと感じるし、ネットでの指摘もある。というのは、目に近いスマホでゲームに熱中していると、なんといつの間にかスマホを片目で見てしまっているのだよ!このアンバランスが継続し、片目だけが異常に疲れ、関係する眼筋の凝りがとれず、片目だけ視力低下が進行してしまったのだ。左右の視差が以前より大きくなった僕は、よりいっそう、目が見えづらいと感じるようになり、別な雑記に書いているが、表情シワを深く刻む反美容効果を生んでしまった。この「片目だけ」スマホ老眼の一つの大きな特徴だと思う。怖いね~。

 まだある。B 睡眠の質の低下だ。睡眠時間を平日6時間、休日8時間、平均的に確保していても、なぜか、職場で勤務中に眠くなる。それも昼食後ならまだしも、朝も早めから、夕方近く、夜の時間でも。あらゆる時間帯で起こりうる。仕事時間の長さから、疲れが溜まって、このような状態になっていると最初は思っていたが、真実は違った!

会議中でも、ちょっと注意力散漫になると、うとうとしてしまうことが増えた。これは、慢性的な睡眠の質の低下に原因があった。パズドラスマホの使いすぎ、見すぎで、脳にまで変な刺激が行き、夜、寝入りがよく眠れても、朝がキツく、重たいことが慢性化していた。パズドラスマホが、ブログスマホになっただけなのだが、朝がキツく感じることがかなり減少した。

 ゲームの内容的な面白さを描くのが、本来の今回の今週のテーマなはずなのに、趣旨を外れて、やはり、健康面のことに僕の意識があるから、そちらに流れてしまった。今日はここまで。

 ちなみに、画像は、わりと最近までメインで使っていたパーティ。これの良さは何と言っても、リーダースキルのターンの短さと、コンボ加算が攻撃時の快感を高めてくれていると感じることだ。リーダーは「ペガサス&トゥーン・ワールドから変身するキャラ」。これに合わせる、サブリーダーキャラ「闇遊戯&ブラックマジシャン師弟」との闇的相性。加えて言うなら、チーム内メンツの個性的な存在感だ。特にこいつ、「仮面ライダーポッピー」のスキルは攻撃的で、かつチーム力アップに必須のものを備えてバランスよくもある個性キャラぶりが大好きだったよ。こんなトークに垣間見えるパズドラが、僕の健康愛を勝ってしまったわけよ。今、考えると失った視力は戻りそうもないので、反省至極の部分でもある。(笑  っていうか,本当は笑い事じゃなない。